ポジションや損切りを知る

持っていた方が良い場合

取引通貨をずっと持っていることを、ポジションと言います。
ポジションを持っていれば取引のチャンスを掴みやすくなりますが、メリットとデメリットがあるので、無条件に持ち続けるのは危険です。
FXでは、ポジションを持っている間にスワップというものが発生します。
スワップがプラスになっている時は持っていた方が良いですが、時々マイナスになってしまうので気を付けてください。
それでもまだポジションを持っていると、どんどん資金が少なくなります。

ポジションを持つこと自体は、FXを進める上での良い作戦です。
しかし持ち続けても良い理由を、ハッキリさせてください。
理由が見つからない場合は、手放すべきタイミングだと理解しましょう。

失敗を避けるために

初心者は損切りのタイミングがわからず、資金が減ったり損失が増えたりするケースが見られます。
FXの上級者でも、簡単に損切りができる人は少ないです。
しかしここで勇気を出して損切りしなければ、取引が失敗すると忘れないでください。
ですから、マイルールを決めることが重要です。
事前に損失の最高ラインを決めて、それを超える損失が出た時は思い切って損切りをしてください。

仮に間違ったタイミングで損切りをしても利益を得られなくなるだけで、損失が増えることはありません。
初心者はFXで成功することより、失敗しないことを優先してください。
ですから少しでも失敗し、資金が減るリスクがある出来事に直面したら、損切りすることをおすすめします。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ